生理中の体重を保つ法(二)

Pocket
LINEで送る

生理中の体重を保つ法の3:ダイエット平快期

  時間の計算:生理が開始から14~21日

生体的表現:排卵期後の一週間、卵細胞によるホルモンの作用が強めたが、プロゲステロン分泌量が増加したため、肌の調子も不安定になる。この段階では特別の不適感はないが、生理前の一週の各種な問題が醸し出す準備をしている。あなたの皮脂分泌が増え、メラノーマが活性化し、二キビになりやすい。気分も起伏するようになり、時に平静、時にイライラする。
生理中の体重を保つ法:

 

生理中の体重

生理中の体重

1、 次の生理の到来に備え、鉄分とタンパク質の摂入量を増える。
2、 高セルロース系の食べモノを、例えば野菜、果物、穀類、麦類、玄米やエンバクなどを多く食べる。十分な高セルロース系の食べ物を摂取すると、卵胞ホルモンの排出を促し、血液中のマグネシウムを増やす。
3、 食事の間にクルミやカシューナッツなどビタミンB群豊富なものを食べると、生理の調整や神経の鎮静に役が立つ。

 

果然痩身サプリ第二代(腰周り痩せ)

果然痩身サプリ第二代(腰周り痩せ)

販売価格(税込): 2,500 円
果然痩身サプリ第二代(腰周り痩せ)は、サトイモの粉 ハスの葉を主成分とし、低温抽出した真珠の粉、ぶどうエキス、天然ミネラル、アミノ酸、フルーツ酸、ビタミンB1、B2、B16などを配合、安全且つ高効率なダイエットサプリメントです。

 

 

生理中の体重を保つ法の4:ダイエット緩行期

 時間の計算:生理が開始から21~28日

生体的表現:プロゲステロンの分泌が3週目に入るとピークになり、4週目から下がりし始める。20~24日からもっと時間を掛けてエアロビクスをしてもいい。24~28日に入ると、運動の時間や、頻度、強度ともに少しずつ減るといい。この期間中の気分も複雑となり、前期において精力はそれなりに旺盛だが、後期に入ると疲れやすくなる。体内ホルモンの影響もあって、プロゲステロンの分泌が活性化する。同時に皮下脂肪も活性化となり、心身ともに調子が不安定となり、顔にも油やニキビが出始め、間もなくあなたは初期な生理状態に戻る。

 

生理中の体重

生理中の体重

生理中の体重を保つ法:
1、 生理前の一週間の飲食は淡白で、消化しやすい、栄養豊富、そして十分なタンパク質を含むものはいい。肉類や卵、豆腐、大豆などの高タンパク質なものを摂取し、生理期に流失した栄養質やミネラルを補充する。
2、 この時期の食欲は良くなるので、ダイエットする必要はなく、おやつや揚げ物や寝る前の夜食を控えるだけでいい。
3、 スムーズな排泄と骨盤充血を避けるため、緑色の野菜や果物を食べる。水も多く飲もう。
4、 この時期の残りの何日に、食欲をそそる。消化しやすいもの、例えばナツメや麺類、お粥などを食べるといい。
5、 しょっぱいものは多く食べない。体内の塩分と水分の量が増えすぎて、浮腫や頭痛などを引き起こしやすい。生理が来る前の一週間から低塩食を食べると、上記の病状も減軽できる。

 

体脂肪サプリ V26(第三代)

体脂肪サプリ V26(第三代)

販売価格(税込): 2,670 円
体脂肪サプリ V26(第三代)はアメリカの12人の最高レベルの薬剤、生理、栄養専門家が十五年の時間の流れを経て、研究開発と臨床検証を通して、うまく開発された国際で最も新しく、最も安全有効の健康型速効ダイエット製品だ。ダイエットの効果は速く、安全だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>