生理中ダイエット

生理中ダイエット、生理後ダイエット並びに生理前ダイエット等の生理ダイエット方法を徹底的に紹介します!

生理中の体重を保つ法(一)

Pocket
LINEで送る

生理中の体重を保つ法’は合理的で、しかも長期な節食も必要なく、更に長期的な糖分の抑えも提唱しないので魅力的です。糖分を取らないと体が酸化しやいので、慢性病になりやすいです。特別な費用も掛からず、リバウンドもしなく、必要なのは根性と努力のみ、根気よく続けば必ず効果が確認できます。

 

生理中の体重

生理中の体重

一、生理中の体重を保つには、ダイエット滞留期に注意すべき

時間の計算:生理が開始から1~7日

生体的表現:生理が開始しますと、プロゲステロンの分泌量が下がるので、機嫌が良くなくなり、気分が落ち込み、ストレース感が増え、理由もなくの鬱や癇癪を起こすなどが確認できます。この時期に睡眠不足や、過労などの原因で目のあたりにしばらくの色素沈着が発生しやすいです。生理開始の2~3日後、肌が敏感になり、免疫力が下がり、生理痛が出るかもしれません。気分は良くない、更にホルモン分泌の減少で、肌は荒れて、毛孔も拡張します。こう言った変化は生理が開始して4~5日後自然に消えます。

生理中の体重を保つレシピ:

1、体が弱っているのに暴飲暴食はいけません。鉄分の多い食べ物や鉄分の吸収に有利な植物性蛋白を摂取する方がいいです。

2、煙草やお酒及び辛いものを避けるべし、例えば辛いピーマン、ネギ、にんにく、しょうが、ニッケイや焼き物と揚げ物。

3、生のものや寒性なものを食べるべからず、例えば冷たい飲み物や冷たい料理、生の果物など、血液循環の不調より下肢の浮腫を避けます。

4、酸っぱいものを多く食べないこと、例えば各種の酸菜や、スモモ、梅、青梅、レモンなど。

5、体及び顔に軽微な浮腫を確認できますので、しょっぱいものを食べてはいけません。マグネシウムやビタミンB群を含むものを、例えばバナナや動物の肝臓などを摂取すると、新陳代謝が良くなります。

6、お湯を一杯飲むことで、体に不足している水分を補充します。

二、生理中の体重を保つに、ダイエット極期も重要

 

生理中の体重

生理中の体重

時間の計算:生理が開始から7~14日

生体的表現:普通の女性は生理が開始してから14日後に排卵します。女性ホルモンの分泌がピークになります。プロゲステロンの分泌量が上昇します。ホルモンが大量に分泌すると、体内の炭水化物や、脂肪、タンパク質の吸収や消耗を高めますので、排卵期の前の週はエアロビクスには最適です。あなたにとっても、この一ヶ月の中では一番快適な時期です。気持ちも体の調子も活力あふれて、運動や各種の挑戦にもやりたがります。

生理中の体重を保つレシピ:

1、非常に太りやすい時期でもあります。あなたが摂取したカロリーが迅速に分解させないと脂肪と化して体内に貯蓄しますので、なるべく高カロリー、高脂肪のものを控えるように。

2、消化や代謝しやすい物を多く食べます、例えばトウガン、セリ、ニガウリなどです、大変ダイエットの手助けにもなります。

3、週ごとの飲食スケジュールを作ることをお勧めです。

以上は生理中の体重を保つ方法です。生理中でもダイエットできますよ。やってみませんか。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>