Tag Archive | ダイエット 1ヶ月

生理ダイエットのタイミング

 

生理ダイエット方法というのは、女性が生理期で生理期の特徴を利用するダイエット法です。その生理ダイエットのタイミングを4期に分けることができます。生理期初めの1-7日はダイエットのお得の期間で、7-14日はダイエットの超スピード期間で、14-21日はダイエットの通常期間で、21-28日はダイエットの緩慢期間です。このタイミングを利用してダイエットの目的を達成することができます。

 

生理 ダイエット タイミング

 

 

 

1、 生理ダイエットと運動タイミング

 

なぜ生理中でダイエットする効果が最高ですか?専門家の研究で、女性は月経期内にホルモンの変動が大きくて、脂肪の燃焼に影響を与えます。月経期の最後の2日と生理期完了の1週間は「お得の期間」と呼ばれています。それに、この期間にわれわれの体が脂肪の分解能力は普通より強いです。この生理ダイエットのタイミングをうまく利用できれば、スピードでダイエットできます。

月経期の最後の二日から一定の運動で体内の脂肪を燃焼しましょう、最重要なのはお腹に積めっている脂肪を燃焼する。毎日20分~30分のヨガ運動をして、まだ15分の早歩きをして、これは体の脂肪燃焼に役立ちます。

 

生理ダイエットのタイミング

生理ダイエットのタイミング

 

 

月経期完了の1週間目、毎日30分以上の有酸素運動を堅持してダイエットすることがおすすめです。この時期は体の新陳代謝が加速している為、運動すれば更に脂肪の分解を刺激して、ダイエットの効果が更に早くなります。

早歩くでダイエットする時、正しい方法が大事です。歩く時に、上半身はしっかりして、お腹部を吸込んで、自分が空中に歩いていると想像して歩いてください。というのは脂肪の燃焼とダイエットに良い効果があるからです。早歩くのスピードを平均に維持して、両足が平均に力を受けて、更に痩せられます。

 

2、生理中に注意すべきの食慣習

 

生理ダイエットと食事タイミングをお話しする前に、幾つの生理中に注意すべきの食慣習を紹介しておきます。

 

一、 甘い物を食べすぎない事

月経期で適当に甘い物を食べると健康とダイエットに有利ですが、甘い物を食べすぎると人体の血糖が不安定になり、月経期の不適症状が加重になる。

 

二、 高繊維食品を多く食べること

繊維含量の高い食品は体内の情動ホルモンを体外排出に促進できるし、血液中のMg含量を増加するし、生理期と神経を落ち着くに有利です。これは間違いなく人体の健康に有利です。繊維含量の高い食品なら、例えば野菜、果物、全麦パン、玄米、オート麦等があります。

 

生理 ダイエット タイミング

 

 

三、 適当にダイエット間食を食べること

若し二食の間にお腹が空いたと感じるなら、空いたままじゃなくて、胡桃、カシューナッツ等ビタミンB類含量高い食べ物を食べるのはベストです。人体にエネルギーを補充できるし、食欲と食料の抑制にも有利し、次の食事時いっばい食べるのを避けることができます。

 

四、 十分に蛋白質を吸収すること

蛋白質は人体の健康とダイエットにとても重要です。お昼ご飯時に、肉類、蛋類、大豆、豆腐等蛋白質含量の高い食品を大目に食べることがおすすめです。生理期で流失した栄養素と鉱物等を補充できるからです。

 

五、 定時定量の食事

一日三食を守りきり、それに定時定量にしてください。若し三食が不定時或は不定量なら、血糖が突然上がる或は下がると、心臓加速、眩暈、疲労及び気持ち不安定等の病症になり易いです。

 

3、生理ダイエットのタイミングはどうやって把握しますか

 

一、タイミングを把握して自然に体重減少

多くの女子が次のような経験がある思います。多くの食べ物を取っていないですが、体重がだんだん増加しています。或は何の運動もしていないのに体重が減少しました。どういうことでしょうか。

実は、この現象は普通です。それは女性の生理期の変動で体重も相応の変化が発生するからです。即ち、月経期に体重がちょっと軽くなり、月経期完了後、体重がちょっと重くなります。下記のように、良いタイミングを把握できればダイエットの目的が是非達成できると思います。

 

二、良いタイミングに主食を調整すること

月経期完了後の第2日にはダイエットの最適な生理ダイエットのタイミングです。この一日の食事は主食(谷類、ご飯類、パン類等)を絶対に食べ過ぎないでください。更に糖分を吸収を減少して、体内に多すぎるエネルギーの積めるのを避けるのです。

提案としてはこの一日に大量の運動をしてください。食事なら、お昼食時に主食を食べるだけで、朝と晩は主食以外の食べ物を食べることです。例えば、果物、野菜など。

 

生理 ダイエット タイミング

 

三、主食調整後の第2日目に体操をやること

上述のように、お昼食のみで主食を食べたら、調整後の第2日、1キロ減重出きるはずです。まさに、これは生理ダイエットのタイミングによるお得の減量法です。

そして、朝ご飯する前に運動しましょう。体操を利用して体内の余剰脂肪を燃焼してダイエットの効果に達します。でも必ず朝ご飯の前に運動するのを覚えてください。そうじゃないと、昨日の減量がリバウンドする恐れがあります。

 

四、一週間経ってから主食を調整すること

上述の体操をした後、正常の飲食習慣に回復できます。そして、一週間後、上記の二、三を繰り返してください。

しかし、注意しなければならないのは、月経期前及び月経期間内に、ダイエットの効果が良くないので、且つ体自体も少し軽くなるので、一切の動作を停止すべきです。生理期完了後、まだダイエット計画を続けましょう。月経期前及び月経期間内(最後の二日を除く)は良い生理ダイエットのタイミングではないです。

生理中に、ダイエット効果が良くないので、体の為に食事のコントロールをしないで下さい!月経期完了後、飲食をキチントにコントロールして、運動を良くしてください。

 

以上で、一番良い生理ダイエットのタイミングは月経間の最後二日間とその後の一週間です。このタイミングをダイエットチャンスとして重視してください。ちなみに、生理ダイエットは血液との関係がありますので、飲食の面で、血液型ダイエット方法も取り入れれば、効果が一層です。血液型ダイエット法を信じるか信じないか別として、一応、自分の血液型によって、合う食べ物を見つけてください。下記は、お勧めの血液型ダイエット方法に関する専門ブログです。

血液型ダイエットならこちらへどうぞ

 

生理とダイエット:その1ヶ月ダイエット方法

 

 

生理周期を含めて、女性の1ヶ月ダイエット方法を紹介します。よく生理とダイエットとのバランスとタイミングを守ったほうがダイエット効果が一層アップでき、女子力アップもできます。

 

生理とダイエット

生理とダイエット

 

生理の時のダイエット

 

1、生理始まる1―7日(ダイエットのお得の期間)、生理始まる時、黄体ホルモンの分泌が下がるため、あなたは憂鬱なことを始めて、情緒は下がって、圧力がとても大きいと感じて、よく何のいわれもなく憂鬱に、怒りやすい且つもよく疲れると感じて、この期間は十分な睡眠を保証必要です。ダイエットアドバイス:この段階のスポーツ時間は毎週3~5時間です。この段階で控え目に食べる或いは超強い運動量のダイエットを試みないでください、その代りに目標を“形を作る”にして、生理初期は健康で美しい体つき形成の良い時機です。

 

生理とダイエット運動についてのお勧め:

 

(1)なめらかな空手での運動が適切です、例えば太極拳、プラティ等。

 

(2)もし空手で運動する前に依然としていらだたしいとの感じるなら、自身情況によっていくつか温和なスポーツを選ぶことができる、例えば散歩する等。

 

生理とダイエット

 

 

生理後のダイエット

 

2、生理後の第7―14日(ダイエットの超スピード期)女性が普通で生理の14日目で排卵して、女性ホルモンの分泌が最高峰に到着した後に、この時減らしを始めて、妊娠のケトンの分泌は上昇を始めます。女性ホルモンと男性ホルモンは盛んに分泌時、体内の炭水化物、脂肪、蛋白質の吸収と消耗を加速するので、排卵期の前の1週間で有酸素運動の最優秀時機です。これはあ1ヶ月の中で最もすばらしい時間です、気持ちそれとも体もすべてとても活力がある、各種の挑戦と運動が好きです。痩せるサプリの摂取もOKです。

 

生理とダイエットとのアドバイス:この時は各種の自分で興味を持った有酸素運動を試みることができて、例えば韻律体操、ラテン舞踊、バレエ等。この時間のあなたの体力と受入れ能力がすべて一流なため、運動に行かないと浪費です。

 

(1)運動頻度はできるだけ毎日或いは二日間に2時間を維持して、毎週少なくとも7時間以上の運動量を維持します。

(2)サイクリングに走る、泳い、自転車運動は特に熱量を使いやすくて、体重を軽減したい人にとって最優秀な選択です。

 

3、生理後の第14―21日(ダイエットの平快期)排卵期後の1週間、卵細胞のホルモン効果が強くて、黄体ホルモンの分泌増加で、あなたの筋肉と皮膚の状況は不安定になって、だからあなたの気持ちが時々安定的で、時々焦ります!ダイエットアドバイス:この時期は前段階より効果が不明確ですが、でも依然としてのダイエットの有利時期であり、依然として良いダイエットの業績を獲得することができます。この時1週間にスポーツ時間が6時間以上に維持するように提案します。

 

(1)ランニングマシン、有酸素体操及びいくつかの器械スポーツはこの時間内で熱量消耗ように助ける、テニスとボール演技は最優秀選択です。

 

(2)もしも時間がなくでトレーニングジムに行けないなら、縄跳びもダイエットのいい方法です、毎日朝晩は約200回以上を跳ぶのが効果的です。

 

(3)一番良いのは休日を利用して屋外に行って長距離競走、山登る等の耐久力の有酸素運動が、脂肪と熱量に対して全て最適消耗です。

 

4、生理後の第21―28日(ダイエットの緩慢期)生理後、妊娠ケトンの分泌は第3週間でピークに到着して、第4週間から下落し始まて、第20~24日更に長時間の有酸素運動をすることができて、しかし第24~28日、スポーツ時間、頻度、強さはだんだん減らさなければなりません。この期間のあなたの感覚は比較的複雑で、前の段階は活力と言え、しかし後期に疲れやすいです。

 

生理とダイエットに関するアドバイス:

 

全段階の有酸素運動を引き続き、同時にいくつか力の訓練も必要で、スポーツ時間は毎週に3時間ぐらい維持する。

 

(1)泳ぐ類の娯楽性が強くて、競争性の弱いスポーツはあなたの気持ちを穏やかせて、経期前の総合症を軽減できます。

 

(2)毎日30分のヨガを練習するのがよくて、あなたの体を柔軟させ、気持ちが落ち着いていて、同時に適切な骨盤の伸び広がるのが血液循環を促進できて、水腫と生理痛を減らせます。

 

(3)もしもあなたはトレーニングジムの方が好きなら、毎日時間を大事に(少なくとも20分)ダンス機械、舟をこぐ機械、ランニングマシンで練習して下さい。

 

生理とダイエットに関するアドバイス:女性は生理期の段階で大幅にダイエットするのを提案しないで、比較的温和なダイエット方法をとるべきで、やりすぎの断食ダイエットと大量の運動を避けってください。

 

 


痩身一号

3箱セットです 【全国送料無料】 3980