ダイエットと生理不順

Pocket
LINEで送る

 

ダイエットと生理不順の関係について今日にお話する。

 

ダイエットと生理不順:閉経

 

多くの女性は痩せる体格を追求する様に、わざと飲食の摂取を減少して、ひいては主食和肉食を食べずに、野菜、果物等だけ食べる。然し近年來、婦人科クリニックの中に節食ダイエット者は生理不調または閉経で診察を受けるのが度々ある。一部体重が標準を下回る婦人は、閉経並びに生育出来ない現象を発生してる。然し体重増加後、月経が自然に回復する且つ生育能力を戻した。これらのことは、おしゃれな女性の警鐘を鳴らすことに間違いない:過度ダイエットは生理不調を起す可能性があり、厳重者は閉経にも至る!!

 

ダイエット 生理不順

ダイエットと生理不順

 

 

ずっと前から人は以下を発見してある人。非常に痩せるバレリーナや体操選手は、月経の初潮年齢が遅れがち。彼女達の中で、閉経と月経過少の発病率も普通の人を大いに上回る。研究の表明では、一定身長の最低体重は、限界の痩せ/肥満の比例を代表する。月経の初潮及び規律的な排卵周期の維持が必要とする。一人の婦人が10%-15%の体重を失う時に、即ち彼女の体脂肪の?/3ぐらいを失う、生理不調または閉経を発生するわけ。

 

 

ダイエットと生理不順:月経の初潮年齢

 

ワン世紀近いほど以来、女性の初潮年齢は益々前倒す。ある人は以下を統計した。西方国家には、月経の初潮年齢は1850年より,大体10年間あたりに、4か月間を前倒す。例えば北欧に位置するノルウェーで、19世纪4O年代の女の子は初潮の平均年齢が17歳で、但しワン世紀を経つと、既に13.5歳に前倒す。

 

此の様な女性の初潮年齢の前倒しの発生原因は何か?ある学者より、営養、医療、住宅、照明等社会条件に関わると思われる。彼らは同じ国家での農村と都市の女の子の初潮年齢を比較したら、結果は比較的に説得力がある。インドでのマドラスで、都市女子の初回月経は平均で12.8歳とし、農村は14.2歳となる。オリジナル生活或いは極端に貧乏な条件では、女性の初潮もゆっくりにやってくる。如く太平洋の島国でニューギニア島は18歳,南アフリカ都市黒人は14.5歳,イヌイット、エスキモーは13.8歳。第二回世界大戦争期間、ユーラシア大陸ののろしが四方から上がる、饿殍遍野のことで、女子の月経初潮年齢も明らかに遅延する。

 

ダイエット 生理不順

 

 

上記から見ると、営養要素が性成熟に対して重要な影響がある。ある人は北極圈内に生活するラップ人に回顧的調査を行った。ラップ人は世代、飼育トナカイを生とし、1870年から1930年までの間に、彼らの生活方式と営養状况、飲食構造は殆ど変化を発生しないので、月経の初潮年齢も明らかに前倒すことを見ていない。

 

またある人は動物で実験したところ、低蛋白質の飲食でラットを飼い続けたら、体重を正常レベルの8%以下に低減させる時に、メス成年ラットの発情周期が停止になる。若し高蛋白質の飲食を与えると、雌のラットは改めて発情周期が出てくる。

 

科学者の深めな研究より、やっと以下のような規律を発見した:欧美国の的少女に対して、月経の初期年齢が過去100年間以上で明らかな変化を発生したことにしても、但し少女の初潮時の体重は相変わらずに47キロぐらいを維持する。これは青春期の発動は体重のトリガーと関わることを提示する。

 

ダイエットと生理不順:生理周期の乱れ

 

美国は過去一つの面白い病例を報道したが、一人の身長が169.2センチである女子水泳運動員は、彼女が7歳から訓練して、月経の初潮は15.4歳に出て、然し月経が過少する、周期は6か月あたり。此の女子選手は体が極痩せる、体重は48.9キロだけ、彼女の身長にて計算出来た標準体重の82.5%で、規律の月経周期で必要な体重より21キロが少ないのである。

 

医者は彼女に以下を勧告した。貴方は自分の体重を増加すべき。さもなければ月経の不調が出る。彼女は医者の先見勧告に疑いを持つことにしても、食事量を増して体重が2、3キロを増加した。月経が出る結果になる;翌月に、彼女は出来るだけ2、3キロの体重を減少したら、月経が出ない結果になる。

 

上記を踏まえて、以下を認識して良い。女性の初潮年齢の前倒す原因は、社会、営養、衛生等各方面の条件の改善で、月経初潮に必要とする限界体重を事前に達成する為にある。

 

科学の研究で以下を証実した。女子の第1回の月経(月経初潮と所謂)は体重または体内の脂肪の含有量と関わる。体内での脂肪組織が体重の17%に達成して初めて、月経が出る;脂肪組織を体重の22%に達成して初めて、正常な規律的な月経を維持できる。さて体重が標準体重の5%-10%を下回る時に、月経周期は変化を発生且つ生育に影響する;標準体重の15%を下回る時に、エストロゲンが正常に釈放出来ないことで閉経の可能性がある。少女の体内脂肪は若し体重17%を下回る時に、第二次性徴の発育に影響して、生理不調が出て、閉経及び乳房発育不良が出る。中年婦人は過度ダイエットすれば、内分泌の乱れも起こして、生理不調や早期閉経し、さらに早老も出る。

 

若し日常に貴方が気を配れば、以下も発見する。中度肥満の女性は瘦女性の月経初潮より先にやってくる;営養不良は月経初潮の遅延を起こす。体重が限界体重より少ない拒食女性は常に閉経を齎す。 これに対して、科学者達の解釈では、女性の乳房、腹、大網と長骨骨髄での脂肪組織は、雄激素をエストロゲンに変るので、だから脂肪組織はエストロゲンの一つの重要な性腺外来源となる。脂肪組織の量は、直接に体内の制御月経週期の内分泌を調節することに影響する物である。一定身長の最低体重は体内限界の痩せ/肥満の比例を代表出来る。女性は此の最低の比例を維持すべき、体内で足りる脂肪をキープさせる様にして、月経周期が正常になる。

 

専門家達のダイエットと生理不順に関するアドバイス:

 

ダイエット女性は節食の措置を取る中で、必ず豊富な蛋白質、ビタミンと様々な微量元素を含む食物の摂取を保証する。脂肪にしても、毎日60~80グラムの摂取量を保証すべき。上記をやれば、機体の正常活動維持の必要を確保出来て、更に月経の正常来潮を保持する。ダイエットの時に、成功を焦ることが禁物で、ダイエット速度が速すぎる。一般の人は四日間を節食したら体の内分泌の不調が発生して、体の各ポテンシャルを誘発するわけ。通常の状況でダイエット速度は毎週0.5kg——1kgにし、或いは一か月間で5kgを超えないと良い。

 

若し既に生理不調が出たら、体重制御の時に、節食を考えては行けない。スポーツを強化する限りは積極なダイエット方式にあり、月経不调の補助治療方法ともなる。他には、節食を慣れる人は鉄分を含む食品を食べること、例えば肉、魚、家禽、豆腐、豆類植物および経過鉄強化処理の食べ物、例えばクッキー、醤油等は鉄欠乏性貧血の予防と治療に非常に効く物である。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>